老後破産とは?それを防ぐにはどうすればいい?そのシンプルな答えはこれ!

 ちょくちょく、老後破産という言葉が聞かれるようになりました。なんか嫌な言葉ですね。熟年離婚とか老後破産とか・・・お金の余裕があって孫の面倒を見ているという家族円満な老後というのは、もはや簡単ではないようです。今回は老後破産を防ぐための方法を考えてみました。

 老後破産とは?

 一言で言うと、定年後に貯金が底をついて家賃が払えないとか、晩ご飯を買うお金がないとか、病気になってもお医者さんに行くどころか薬も買えないという生活が困窮している状態です。ひとり暮らしの老人が、身体がしんどくて医者にも行かず家で寝ていてそのまま餓死するケースも実際に起きています。

 

老後破産になる原因は?

 収入より支出が上回り、貯金を取り崩していく生活を続けていくと、貯金を使い果たした頃に老後破産します。理屈はとてもシンプルですよね。

 

老後破産を防ぐためには?

  1.  家族や子どもたちが面倒を見てくれる
  2.  厚生年金などの年金が生活費を上回る
  3.  生活を質素にする
  4.  家賃収入や投資の収入が生活費を上回る
  5.  仕事をする

 貯金という方法もありますが、自分があと何年生きるか、医療費や介護費用とかが必要になる可能性もあるので、ずっと貯金を取り崩していくのは相当な不安を抱えたまま生活することになりますね。

 仮に、60歳で1000万円の貯金があっても、毎月10万円を取り崩すと、年間120万円で8年後の68歳で貯金が底をつくことになります。

 平成27年の日本の平均寿命が男性80歳、女性87歳ですから貯金だけで老後を過ごすのは心もとないです。

 

家族もいない、年金も今更遅い、生活は切り詰めている、投資する余裕も知識もない。そんな時はどうしたら良い?

 

私の主張は、やっぱり健康である限り、自分が活躍できる仕事をすることが一番じゃないかと思います。

 

仕事をするメリットは

  1. 経済的に安定する
  2. 貯金を貯められる
  3. 社会で活躍できて役に立つ
  4. 仲間ができる
  5. 規則正しく健康的な生活ができる

 仕事をして安定的に収入を得ることが安心つながるだけでなく、働くという緊張感や自尊心を満たすという意味で、経済的にも精神的にもとても良い効果があります。

 

高齢者が働ける仕事とは?

 求人広告を見ていると、管理人の仕事、清掃の仕事、ガードマンの仕事、コンビニの仕事、タクシーの仕事などがありますね。

 体を動かしたり、立ち仕事が苦でなければ、ガードマンや清掃やコンビニも良いでしょう。運転が好きならタクシーがオススメです。給料も頑張り次第で他のものより多く稼げるし、70歳過ぎでも働いている人がたくさんいるからです。経営者でもなくて、70歳過ぎで20万円以上稼げる仕事はタクシーくらいしかないのでは??

 もし仮に、生涯現役で毎月20万円があなたの口座に振り込まれるとしたら、老後の不安はどうなりそうですか??

 

その具体的方法を知りたい方はこちら

 ↓↓

 

京都市で定年後(60歳以上)のタクシー求人を見る前に必ず知っておきたいこと。

f:id:w1jxp202:20170227183357j:plain

二人の60代の男性タクシー運転手がいました。
二人はとても良く似ていました。
運転手としてのキャリアも同じくらい、水揚の実力もおなじくらい、給料も同じくらい。
 
しかし、違いもありました。
1人は毎日会社に行くとイライラしていました。
もうひとりは自由でのびのびとした気持ちで自分のペースで働いていました。
 
一体何がこの違いを生じさせたのでしょうか?
 
それは、会社での人間関係のストレスです。
 
一つの会社では、
GPSの強制配車に応じない、走行距離が足りないとよく注意され、LPガス代なども給料から控除されています。そのため、よく事務所の人間と言い争いになったり、会社に対して怒りやストレスを感じならが仕事をしています。
 
もう一人の会社では、
運転手の営業スタイルが尊重されていました。
朝どこに行くか、京都駅に入るか入らないか、休みをいつとる、走行距離など運転手の裁量に任されているし、事務所の人と口論することもありませんでした。お客さんとの会話を楽しみながら仕事をする余裕がありました。
 
60代が気持ちよく働ける職場、それが嵐山タクシーです。
 
嵐山タクシーで気持ちよく働ける3つの理由
 
1 50台以下と60代の働き方をわけています。
   60代というと、体力も気力も若い頃のようにはいきません。現役世代と同じような水準の労働時間、走行距離、水揚げなどを求められれば、いろんなところで無理が生じます。60代が大切にされ、この点が配慮されているので気持ちよく働けます。
 
2 強制配車がない
     仕事で一番やる気が無くなるのが、無理やりさせられる仕事です。運転手の都合に関係なく応答しないといけないGPSに、「なぜ出ない?」などど指導されることはありません。あなたが得意なパターンで仕事をして下さい
 
3 給料から燃料代などが控除されることはない
 給料体系によっては、固定費や変動費など、乗務員負担の部分がある会社もありますが、嵐山タクシーにはそれはありません。賃率は40%から50%とシンプルです。
 
詳しい募集要項はこちらに下記の求人番号を入力して御覧頂けます。
 ↓↓
26010-05291971
 
応募はハローワークを通じてお願いします。

P.S.
残りの人生を、イライラの多い人生を過ごしますか、それとも健康な限り、気持ちよく働いて過ごしますか?

京都、嵐山勤務の昼勤・流し専門のタクシー嘱託乗務員募集要項!

嵐山タクシー 昼勤 流し専門 嘱託乗務員 募集中

募集職種 昼勤 流し専門 タクシー嘱託乗務員
対象の方 月に10万円程度の収入を得たい方
応募資格

・2種免許取得者、経験者の方

 もしくは普通自動車第1種運転免許取得者(免許取得後3年以上)で業界未経験の意欲がある方

・年齢は60歳以上70歳未満の方

仕事内容

京都市内一円の流しのタクシー乗務

勤務時間 7時-15時

月に16日勤務程度 (応相談)

雇用形態 嘱託社員 
勤務地

京都市西京区嵐山西一川町8-1 阪急嵐山駅前

名勝嵐山にある会社です

賃金 売上の40%-50%
特徴

流し専門のため

 自分のペースで仕事ができます

 GPSなどの強制配車はありません。

 

昼勤専門のため

 拘束時間が8時間と比較的短く身体に優しいです

 身体が不規則になることもありません

 残業で夜遅くなることはありません

 夜で目がみにくいということもありません

 お酒を飲んだ乗客とのトラブルもありません

 

60代が働きやすい理由

 あなたの働くペースにしっかり耳を傾けます

 60代の仲間が多く活躍している会社です

 ややこしい機会の操作はありません 

 

 

採用までのプロセス

 1 電話での問い合わせ(ご質問のある方のみ)

   075-861-4101 平日10時-17時 林田まで

 2 ハローワークを通じての応募

 3 面談・面接

 4 健康診断や免許証の点数照会

 5 教習と乗務員としての登録

 6 乗務開始

京都市のタクシー乗務員の求人で、60代男性が気持ちよく働ける会社はここ!

 60代男性が気持ちよく働けるタクシー会社はどこ?

 他の仕事はしかたなく辞めたけど、年金だけで暮らしていくのは難しいな。ずっと京都に住んでいて大まかな地図は解るし、運転もできるからタクシーでも乗ってみたいな。色々求人があるけど、どこが自分に合っている会社なんだろう?そんな方に、今の京都のタクシーの状況と、60代男性が気持ちよく働ける会社選びについて書いていきます。

 

 

今の京都市内のタクシーの状況

水揚の上げやすさ

 1990年代の頃までにタクシーに乗務されていた頃は、昼勤でも毎日2万円~3万円、月に80万円くらい挙げたられた方もたくさんいらっしゃいました。その半分くらいが給料になっていました。中には、水揚100万円を越すトップクラスもいました。

 

 悪いお知らせを先に正直に申し上げると、残念ながら規制緩和で台数が増えた影響や、経済の縮小で今では当時の売上の半分くらいになってしまいました。

 

 以前はお客さんがタクシーを待っている状態でしたが、今ではタクシーがお客さんを待って長い渋滞を作っていることもあります。そういう意味で、以前と比べると水揚を上げるのは難しくなったと言わざるをえません。

 

 しかし、街中のタクシーを御覧下さい。60代以上と思われる乗務員がたくさん活躍しています。つまり、今でもタクシーは稼げる仕事なのです。例えば、お店をやっているとしたら、まったくお客さんがまったくこないと売上がゼロの日もあります。タクシーに乗る限り、売上がゼロの日はありません。例えば、年金をもらっている人が、年金の全額と月にプラス10万円をタクシーで稼ぐことくらいは十分に可能です。

 

どんな人が水揚げをあげている?

 基本的に、自分で目標を持って考えて行動している方は水揚げを上げておられます。勤務時間の間、休憩時間以外はしっかり働いて、時間帯や曜日ごとにお客さんがいる場所を考えて営業するスタイルです。

 

タクシー乗務員になるには?

 以前は二種免許があれば、タクシー会社に採用されれば乗務員になれました。しかし、今では新しい法律ができて、業務センターで2日間で、法令、安全、地理などの講習を受けて試験にクリアする必要があります。もっとも、しっかり受講すれば合格できます。

60代男性が気持ちよく働けるタクシー会社は?

 ほとんどすべてのタクシー会社が求人を出していると思います。それほど、年々乗務員が高齢化などで減少しています。それでは、会社によってどんな違いがあるのでしょうか?基本的に大手企業は上質なサービスと売上の向上を目指しているので、厳しくてもしっかり働きたい方にはおすすめです。その他、売上を上げたいなら、安売りをしている会社や無線・GPS配車に力を入れているところがいいでしょう。

 厳しさや水揚げより、自分のペースを大切にして、健康を維持しながら、働きたいなら嵐山にある嵐山タクシーがおすすめです。

60代が気持ちよく働けるハローワークの情報