読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都市のタクシー乗務員の求人で、60代男性が気持ちよく働ける会社はここ!

 60代男性が気持ちよく働けるタクシー会社はどこ?

 他の仕事はしかたなく辞めたけど、年金だけで暮らしていくのは難しいな。ずっと京都に住んでいて大まかな地図は解るし、運転もできるからタクシーでも乗ってみたいな。色々求人があるけど、どこが自分に合っている会社なんだろう?そんな方に、今の京都のタクシーの状況と、60代男性が気持ちよく働ける会社選びについて書いていきます。

 

 

今の京都市内のタクシーの状況

水揚の上げやすさ

 1990年代の頃までにタクシーに乗務されていた頃は、昼勤でも毎日2万円~3万円、月に80万円くらい挙げたられた方もたくさんいらっしゃいました。その半分くらいが給料になっていました。中には、水揚100万円を越すトップクラスもいました。

 

 悪いお知らせを先に正直に申し上げると、残念ながら規制緩和で台数が増えた影響や、経済の縮小で今では当時の売上の半分くらいになってしまいました。

 

 以前はお客さんがタクシーを待っている状態でしたが、今ではタクシーがお客さんを待って長い渋滞を作っていることもあります。そういう意味で、以前と比べると水揚を上げるのは難しくなったと言わざるをえません。

 

 しかし、街中のタクシーを御覧下さい。60代以上と思われる乗務員がたくさん活躍しています。つまり、今でもタクシーは稼げる仕事なのです。例えば、お店をやっているとしたら、まったくお客さんがまったくこないと売上がゼロの日もあります。タクシーに乗る限り、売上がゼロの日はありません。例えば、年金をもらっている人が、年金の全額と月にプラス10万円をタクシーで稼ぐことくらいは十分に可能です。

 

どんな人が水揚げをあげている?

 基本的に、自分で目標を持って考えて行動している方は水揚げを上げておられます。勤務時間の間、休憩時間以外はしっかり働いて、時間帯や曜日ごとにお客さんがいる場所を考えて営業するスタイルです。

 

タクシー乗務員になるには?

 以前は二種免許があれば、タクシー会社に採用されれば乗務員になれました。しかし、今では新しい法律ができて、業務センターで2日間で、法令、安全、地理などの講習を受けて試験にクリアする必要があります。もっとも、しっかり受講すれば合格できます。

60代男性が気持ちよく働けるタクシー会社は?

 ほとんどすべてのタクシー会社が求人を出していると思います。それほど、年々乗務員が高齢化などで減少しています。それでは、会社によってどんな違いがあるのでしょうか?基本的に大手企業は上質なサービスと売上の向上を目指しているので、厳しくてもしっかり働きたい方にはおすすめです。その他、売上を上げたいなら、安売りをしている会社や無線・GPS配車に力を入れているところがいいでしょう。

 厳しさや水揚げより、自分のペースを大切にして、健康を維持しながら、働きたいなら嵐山にある嵐山タクシーがおすすめです。

60代が気持ちよく働けるハローワークの情報